草木染とは
草木染とは、昔からの自然植物を染料とした染色のことです。
化学原料では見られない色である、この、草木染の色は、中間色としても単純ではない、渋みと深みが重なり合う、複雑な色味です。
草木染の色とは日本伝統の色というより他なりません。
村田染工の草木染「京洛染」

染色には「良い水」なしには成り立ちません。村田染工の使用地下水の付近には千利休に使用された井戸が現存するなど、良質で豊富な水が得られ、染色後の乾燥には自然乾燥をしています。
当社は人と地球に優しい草木染「京洛染」は日本古来の天然色を現代によみがえらせております。